ファシリテーション

ファシリテーションとは、人々の活動が容易にできるよう支援し、

よりうまくことが運ぶよう舵取りすること、などと定義されています。

実は、もとをたどると、『来談者中心療法』を創始した

臨床心理学者のカール・ロジャーズが作った言葉。

「エンカウンター・グループ」というワークショップ形式のカウンセリングで、

その場をリードする役割の人を「ファシリテーター」と呼んでいました。


グループカウンセリングでも、1 on 1カウンセリングでも、人は、人との関わりによって、変化します。

人と関わることで、自分に気づきます。

わたしたちは、「いのちの輝きを支援するファシリテーター」として、

一人ひとりが持つ力を誰よりも信じ、認め、ありのままを受容しながら

その人の更なる成長を願って関わります。


個人の成長はもちろん、組織の成長もコミュニケーションによって促進されます。

人が成長しても、それがそのまま組織の成長には結びつかないことがあります。

なぜなら、人と人との関わりによって、組織は成り立っているから。

組織に課題があるとしたら、関わりから見直すことが必要です。


ワークショップや対話を通して、個々やチームが、

そのいのちをより輝かせていくことを支援します。